ゼロからしっかり学びたい

東京ネイル学院

スキルアップしたい

フェリスネイルスクール

大手スクールで学びたい

ヒューマンアカデミー

TOP » 先輩に徹底リサーチ!ネイリストってどんな仕事? » サロン面接・実技では何を求められた?

サロン面接・実技では何を求められた?

履歴書のイメージ

就職活動はまだ先の話でも、サロンへの就職を考えている人は、やはり知っておきたいテーマのひとつ。就職活動のノウハウはスクールでももちろん教えてくれますが、先輩ネイリストのリアルな声もしっかり押さえておきましょう。

このページでは、「サロン面接」をフィーチャー。現役ネイリストのアンケート回答をご紹介します。

先輩に聞いた!面接・実技で求められたこと

  • 施術しながらちゃんと受け答えができるか、素直か。在学中の面接だったので、技術テストはケアカラーでした。(20代・ネイルサロン勤務)
  • 実務経験(キャリア)に応じたコミュニケーション能力と技術力。(30代・ネイルサロン勤務)
  • 検定2級程度の技術を持っているか。過去に作ったネイルのポートフォリオや得意なアートのネイルチップを持参しましたが、相手に好印象を持ってもらえるだけでなく、精神的に心強かったです。(20代・ネイルサロン勤務)
  • やる気、根性、情熱。資格(ネイリスト検定2級以上)を保持しているかも重要でした。(30代・ネイルサロン勤務)
  • 基礎技術。私はスクールで作ったアートチップを持参しました。1枚ずつよりは5枚一組のほうがキレイに見えます。スクールでは先生から「技法に偏りがないよう用意をすると、採用担当者は技術の判断がしやすくなる」と教えてもらいました。(30代・ネイルサロン勤務)
  • とにかく制限時間内に実技を終わらせること。本番は緊張するので、本当に頭が真っ白になりました。練習はウソつかないので、とにかく体に叩き込むのみです。(20代・ネイルサロン勤務)
  • お店の人をお客さんに見立てて、会話しながら所定の実技を行いました。まさかそこまでやるとは思わなくて、緊張してうまく会話ができませんでした。(30代・ネイルサロン勤務)

技術も大事だけど、サロンワークも重要!

ネイリストとしての技術はマストですが、ネイルサロンは1対1の接客業。お客様に「また来たい」と思わせるコミュニケーション能力や他のスタッフと円滑にやっていけそうか…というところもしっかりとチェックされています。

検定は持っているけどサロンワークが苦手…というのでは、お店に入ってから苦労することは確実。もしこれからネイルを学んで就職したいと考えている人は、サロンワークもしっかり学べるスクールを選ぶのがおすすめです。

ネイルスクールの良さはそれだけではなく、就職しやすいところにあります。卒業生の事例、懇意にしている採用側の反応など、豊富な情報とネットワークが揃っているので、就職活動には有利といえるでしょう。

このサイトでは、東京のニーズ別のおすすめネイルスクールや、各エリア別の最安ネイルスクールなどを調べてまとめていますので、参考にしてください!

初心者向け?スキルアップ?
東京のニーズ別おすすめネイルスクール

東京エリア別!
最安ネイルスクールを調査!