ゼロからしっかり学びたい

東京ネイル学院

スキルアップしたい

フェリスネイルスクール

大手スクールで学びたい

ヒューマンアカデミー

TOP » 先輩に徹底リサーチ!ネイリストってどんな仕事? » ネイリストになるために一番必要なものとは?

ネイリストになるために一番必要なものとは?

ネイル施術のイメージ

技術職であり、アーティストであり、接客業でもあるネイリスト。物理的な側面からも、精神的な側面からも、ネイリストになったからこそ見えることがきっとあるはず。

このページでは、「ネイリストにとって必要なこと」や素質、ネイリストの本質にフィーチャー。現役ネイリストのアンケート回答をご紹介します。

先輩に聞いた!ネイリストに必要なこと

  • 現状に満足しないこと。常に進化することと、順応力を求められるお仕事です。(30代・ネイルサロン勤務)
  • サロンで働くなら、やはり会話に困らない社交性。世代もライフスタイルも境遇も違うお客様と、気持ちの良い時間を共有するって、誰にでもできることじゃありません。聞き上手ならより向いていると思います。(30代・ネイルサロン勤務)
  • お客様のニーズにしっかり応えるだけの技術を身に付けること。(20代・ネイルサロン勤務)
  • 根性。素直。思いやり。(30代・フリーランス)
  • 細かい作業が苦にならない。一日に何人もの施術を行うので、メンタル面や、この仕事が好きだ!と思えるモチベーションも大事です。個人的感覚ですが、編み物とかビーズのアクセサリーとか、ちまちました作業を完成に持っていける人は、素質があると常日頃言ってます。(20代・ネイルサロン勤務)
  • いつでも笑顔でいられる強さ!せっかく来ていただいたお客様に、リラックスできる空間を作りたいから。(30代・ホームサロン経営)
  • 目標を持つこと。きれいなラインが引けるとか、そんなのはどうでもいいんです。ひとつ達成できれば次の目標が生まれ、常に成長できます。(30代・ホームサロン経営)
  • 私の場合は地方でサロン自体が少ないので、人とのつながりを重視してます。人づてにサロンにやってきて、気に入っていただける時が一番嬉しいです。

ざっくり挙げると、技術力と接客力の2つは重要な要素のようです。

でも、その奥底にある「ネイリストの原動力」は、やはりネイルが好きなこと。先輩たちの格言ともいえる回答、ぜひ参考にしてみてくださいね。