ゼロからしっかり学びたい

東京ネイル学院

スキルアップしたい

フェリスネイルスクール

大手スクールで学びたい

ヒューマンアカデミー

TOP » ネイリストになるには 早わかり3STEP » STEP3 進路を決める

STEP3 進路を決める

ネイルスクール、通信教育、あるいは独学でも検定に合格したり、ネイリストとしての一定の技術を培った後は、プロとしてどんな進路を選ぶかを考えなければなりません。

ネイリストの進路一覧

一般的に、ネイリストの進路としては、以下のものが挙げられます。

  • ネイルサロンで働く
  • 美容室併設ネイルサロンで働く
  • 派遣or出張ネイリストとして働く
  • 自宅サロン開業

ネイルサロンで働く

ジェルネイル専門店のほか、ポリッシュ(ネイルカラー)、人工爪、ハンドとフットケア、まつげパーマなど幅広い技術を提供するサロンまで、お店によってその特徴が変わります。客層や施術、デザインのテイストもそれぞれ異なるので、自分に合うところを探すことが重要です。

美容室併設ネイルサロンで働く

トータルに美しくする、というコンセプトから、やりたいことを一気にやれるという利便性により、美容室でネイルができるブース、ネイルサロンを設けているところが増えています。美容師の資格を元々持っているネイリストが施術するというケースもあります。

派遣or出張ネイリストとして働く

サロンに所属せず、また自分のサロンを持つことなく、個人で活動する働き方です。自宅開業やテナントを借りるのではなく、自分がお客のところに出向く方式です。必要最低限の材料さえ揃えば、他のコストはかからないというメリットがあります。

自宅サロン開業

ホームサロンとも呼ばれています。自宅の一室を利用して自分の店を持つ形式です。開業資金が少なくて済む、家賃や光熱費などの固定費も不要、自分の自由な時間で働けるというメリットが多いため、ホームサロン形式の独立開業は増加の傾向にあります。

未経験ネイリストにおすすめの就職サポート

ネットを見ている女性のイメージ"

このように、ネイリストとしての働き方は多種多様です。しかしながら、最近はサロンの増加に伴い、競争が激しくなった分、ネイリストには即戦力が求められつつあります。未経験でサロンに働くことが難しくなっている今、インターネットで自力で探すのには限界があります。そこで役に立つのがネイルスクールの就職サポートです。スクールの就職ネットワークをフルに活かし、卒業後の進路として系列のサロン就職を紹介してくれるというものです。

スクールに通えば技術だけでなく、その後の進路について相談・対策ができるため、ネイリストとして最短で活躍しやすくなります。就職サポート制度を利用してネイルサロンで修業を積み、後々人気サロンで働いたり、独立開業を目指してサロンの店長になったりと選択肢が広がっていくはずです。