ゼロからしっかり学びたい

東京ネイル学院

スキルアップしたい

フェリスネイルスクール

大手スクールで学びたい

ヒューマンアカデミー

TOP » ネイリストになるには 早わかり3STEP » サロンに就職する

サロンに就職する

ネイリストとして働く進路として、オーソドックスな選択肢に、「サロンへの就職」が挙げられます。いずれ独立を目指す人も、いきなり開業するよりは修業期間としてサロンで働くことを目指すパターンも多いようです。

サロンに就職して得られるスキル

サロンで働くことにより、ネイリストとしての技術向上だけでなく、お客様をいかに喜ばせられるか、という接客技術も磨けます。いずれ自分のサロンを持とうと考えているなら、「経営や顧客管理のノウハウ」「開業に必要な仕入れ先の確保」「独立した時の固定客の確保」も期待できます。

ネイルサロンで求められている人材

最近はネイルサロンの数が増え、各々がお客獲得のための競争をしている状態です。そのため、サロンの求人は「有資格者」であることに加え、「実務経験者」であることが一般的になりつつあります。

これはつまり、ある程度の技術と接客技術を持つ即戦力の人材を欲しがっているということです。

有資格者の資格として、最低でもネイル検定2級に合格しておきましょう

実務経験者というのは、少し悩みどころになるのではないでしょうか。特に、独学でやってきた人の場合、スクールにある実習の経験もありません…。

未経験者が質の高いサロンで働くためのコツ

サロンの中には、未経験でも受け入れてくれるところもあります。その場合、まず掃除や電話受付のような雑用、ネイリストのサポートをするアシスタント業務からスタートするのが定番。アシスタント業務をこなしつつ、ネイルの勉強をしなければならないうえ、給料は発給になることを覚悟しなければなりません。

そもそも、「未経験者歓迎」「無資格歓迎」の求人を出しているサロンは、あまり良いサロンではない場合も多いのだとか。ネイリストに必要不可欠な資格や経験を求めないということは、裏を返せば、顧客に対して責任を感じない職場という可能性が高いからです。

資格を取得しつつサロンの実務経験も重ねたいならば、系列のサロンを紹介してくれるスクール就職先を紹介してくれるスクールを選ぶのが賢い選択だといえるでしょう。