ゼロからしっかり学びたい

東京ネイル学院

スキルアップしたい

フェリスネイルスクール

大手スクールで学びたい

ヒューマンアカデミー

独立・開業する

セルフネイル、ジェルネイルが普及し、ネイリストとして独立開業を目指す人が増えてきています。特に、自室の一室やリビングの一画をサロンにするホームサロンが人気です。

ネイリストの独立・開業に必要なこと

独立開業をするのは色々と難しいのでは?と思われるかもしれませんが、ネイリストは美容関係の職業の中ではかなり簡単に開業できる部類の仕事です。

ネイリストは公的な資格、特別な資格、行政の認可を必要としません。ネイルサロンにしても、美容室のように保健所や消防署の届け出や検査も必要ありません。

個人で開業する場合なら、サロンを開業する場所さえ決めてしまえば、近くの税務署などで「個人事業の開業届」を申請して完了となります。このように、ネイルサロンの開業はシンプルなものです。

ネイリストの独立・開業の方法一覧

ここでは、ネイリストの独立・開業の方法をいくつか紹介しています。

自宅の一部で行う「ホームサロン」型

家にあるものを利用するので、開業資金が少なくて済みます。しかし、安全上の不安や、住所を公開しにくい、アクセスがわかりにくい・不便というのがデメリットです。

マンションを借りて行う「マンション型」

自宅ではないので知らない人を部屋に招くという不安や面倒はありません。しかし敷金や礼金などの開業費用がかかるうえ、ネイルサロンを開くことに難点を示されるというデメリットがあります。

テナントとしてサロンを構える「テナント型」

看板が出せて、内装や装飾も自由にできるのがメリット。お客さんも入店に安心感や信頼感が持てます。ただし、物件の保証人や内装費などの初期費用が必要となります。

美容室、エステサロンなど、他の業態の店の一画、一室で行う「コラボ型」

コラボ先から既存のお客が顧客になってくれる場合も多く、集客が楽な面が◎。内装費や開業費用も少なくて済みます。しかし場合によっては、コラボ先の受付業務をする必要あり。上手くサロン経営を進めるために、コラボ先のスタッフとのコミュニケーションが重要になります。

ネイルスクールの独立・開業まとめ

ネイルのイメージ

ネイルスクールの独立開業は、やり方によっては費用をほどんどかけずにオープンすることも可能です。独立開業の方法もそれぞれメリットデメリットがありますが、資金面や生活環境で選べるのも魅力です。

上記の他に、派遣(出張)ネイリストという働き方があり、これは店を持たず、自分が客足に出向く形になります。

ユニークなところでは、お客に施術するのではなく、ネイルアートを施したネイルチップの販売をしているという人もいます。

いずれの働き方にしても、独立開業に不安を感じる人もいるでしょう。ネイルスクールならば、ネイリストとしての技術を学べるだけではなく、独立開業のノウハウが学べる、さらには支援してもらえるところもあります。

独立開業を視野に入れているなら、ネイルスクールへ通うことをおすすめします。