ゼロからしっかり学びたい

東京ネイル学院

スキルアップしたい

フェリスネイルスクール

大手スクールで学びたい

ヒューマンアカデミー

TOP » ネイリストになるには 早わかり3STEP » STEP2 技能検定試験を受ける

STEP2 技能検定試験を受ける

ネイリストになるにあたって、美容師のような国家資格制度はありません。しかしネイリストとして働きお金を得るようになるためには、ネイルケア、ネイルアートの基本的な知識にはじまり、専門的な技術が必要不可欠です。

ネイリスト検定の種類

国家資格がない代わりに、ネイルには民間の検定試験がいくつかあります。

  • JNECネイリスト技能検定試験
  • ジェルネイル技能検定試験
  • ネイルサロン衛生管理士

就職に有利な資格はコレ

特に「JNECネイリスト技能検定試験」3級2級1級「ジェルネイル技能検定試験」初級、中級、上級、これら6つを所持していると、就職に有利になります。これらはプロのネイリストとして働くために必要な技術と知識を持っているという客観的な証明になり、サロンに就職する際に有利となります。

JNECネイリスト技能検定試験

画像引用元:JNECネイリスト技能検定試験公式サイト
(http://www.nail-kentei.or.jp/)

ジェルネイル技能検定試験

画像引用元:ジェルネイル技能検定試験公式サイト
(https://www.nail.or.jp/kentei/g_kentei.html)

また、ネイルサロンで働きたいと思って募集要項を見ると、2級所持者が最低条件となっているため、最低限、2級合格を目指しましょう。

1級を所持しているとお客さんの信用につながるという集客のメリットもあり、アピールポイントとして活かすことができます。

ネイル検定の合格率

最新(2017年夏)のネイル検定の合格率は、3級で90%、2級は48%、2017年春になりますが1級合格率は40%という結果が出ています。1級は受験者の半数未満しか合格できない難関です。そして、合格者のほとんどは、ネイルスクールに通って勉強している生徒ばかりです。最短で難関の試験を突破したいならば、独学や通信教育だとかなり難しいのが現状。検定対策もしっかり行っているネイルスクールに通うことをおすすめします。

資格取得は顧客に信頼される第一歩

ネイルのイメージ

サロンによっては、「無資格でも大丈夫」「サロンで研修を受けながら資格取得が目指せます」という求人も見られますが、こういったところは注意が必要です。専門知識がない無資格のネイリストに業務をさせるということは、お客様に対して無責任であることに他なりません。基礎部分からしっかり学ぶのは、顧客のためです。顧客に安心と信頼を与えるためにも、資格を必ず取るようにしましょう。