ゼロからしっかり学びたい

東京ネイル学院

スキルアップしたい

フェリスネイルスクール

大手スクールで学びたい

ヒューマンアカデミー

TOP » 銀座・有楽町 » 東京ネイル学院 » 東京ネイル学院 見学レポート

東京ネイル学院 見学レポート

東京ネイル学院の雰囲気、環境は?

東京ネイル学院 ネイルチップ

サロン併設のスクールなので、生徒もお客様も同じ入口から入ります。入ってすぐの右側の部屋が教室になっており、見学用の席をひとつ用意して頂きました。先生から「自由に見ていただいて構いませんよ。生徒さんの作業をぜひ間近で見てみてください」と声をかけていただいたので、遠慮なく(笑)回らせていただきました^^

この日は平日の木曜日、しかも16:00っていう微妙な時間だったからか、生徒さん1人と講師1人。かなりゆっくり教えてもらっている感じで、こんながっつり教えてもらえるならコスパいいな〜と思いました。

東京ネイル学院で体験授業を受けてみた

説明会と一緒に、体験も申し込みました!体験では、ワンカラーを片手は先生が説明しながら、片手は教えてもらいながら自分でできるみたい。

「やっぱりちゃんと教えてもらうのはいいなあ」って思いました!正直YouTubeとかで色々見てたつもりでしたが、正しい動きを目の前で教えてくれたり、手つきの変なクセを、直接手を触って直してくれるので、この1時間で独学何日分の価値があるんだろう…。

東京ネイル学院 体験授業

まずはケアから。デコや塗りに気がいって、ケアを怠りがちだったんですが、「ネイルの持ちが全然違うし、ネイルが乗った時も、ケアをちゃんとしてたほうがキレイですよ」と言われました。

甘皮ケアでは、勢いがつくと、ついプッシャーを立てるすぎる癖を指摘してもらいました。気づかなかったー!(笑)。ニッパーも刃先を開きすぎたり、逆に閉じすぎたり、自分ではうまく扱えているつもりだったんですが、やっぱり間近で見ると、先生の動きと段違い! 動画と違って、「今ちょっとゆっくりお願いします!」とかリクエストできるのがいいですね(笑)。

東京ネイル学院 体験授業仕上がり

仕上がりはこんな感じ。右手が先生作、左手が私です。ちょっと写真じゃわかりにくいけど、やっぱり先生はエッジも綺麗。「髪の毛1本の隙間が理想」と言ってましたが、わかっていても難しい!

先生は明るくて楽しいので、色々質問してしまいました。「わたし不器用なんですけど、ネイリストって不器用じゃ難しいですよね?」と聞いたら、「それ、本当に多くの生徒さんが言うんですけど、大丈夫です。コツを教えてもらうのと、練習で全部なんとでもなります!絵が描けないから、お花とか作れないんじゃ…って生徒さんもいるんですが、それも全然問題ありません。"描く"っていうより、手順を守れば大丈夫なので、なんか大丈夫ばっかり言ってますが、本当に心配ないですよ」と優しいお言葉。ニコニコ答えてくれたのが印象的でした。ありがとうございました!

東京ネイル学院 その後

そして3週間後、この違い!やっぱりプロの技は違う(笑)。

カリキュラム・開校時間は?

東京ネイル学院 パンフレット

そして3週間後…この差!(笑)。ケアの大事さを思い知りました…

左の2冊は東京ネイル学院のパンフレット、右のプリントは月謝制のご案内です。最もスタンダードな「スペシャリスト養成コース」は検定1級~3級、ジェル検定初級~上級の検定資格も含めて、ネイリストになるための技術をトータルで学ぶコース。総合時間は300時間で、1日につき2~6時間、およそ1年半で習得することができます。開校時間は曜日によって違うため、事前に確認が必要です。フリータイム制なので自分のペースで受講できますが、特に火曜・水曜は11時~21時までと開校時間が長く、働きながらの受講も可能です。

受講料、支払い方法は?

東京ネイル学院の授業料は、プロ志向のスクールとしては比較的良心的な料金設定です。特に、銀座エリアではいちばんお安かったです。3時間の「セルフジェルコース」10,800円(税別)から、プロになるための技術を300時間で習得できる「スペシャリスト養成コース」800,000円(税別)まで、目的や目標にあわせて様々なコースが用意されています。支払い方法は一括と月謝制から選ぶことができます。ネイルスクールで月謝制を取り入れているところは少なく、大抵がローンです。分割払いで金利など合わせると高額になってしまいますが、東京ネイル学院は金利の一切かからない月払いなので、貯金がない私にもやさしい…って思いました(笑)。

スペシャリスト養成コース 

  • 受講料 864,000円
  • 入学金 なし
  • 教材費 71,820円
  • 合計 935,820円(税込)★月謝制の支払い回数 16回

ジェルネイリストコース 料金(税込)

  • 受講料 226,800円
  • 入学金 なし
  • 教材費 無料レンタル
  • 合計 226,800円★月謝制の支払い回数 5回

東京ネイル学院の気になるポイント

  • 基礎の習得を第一に考えている
  • 他校と比べて料金設定がリーズナブル
  • 銀座・有楽町からアクセスしやすい立地
  • フリータイム制で最長21時まで開校している
  • 卒業生を対象にした講習会がある
  • サロン併設のため、接客現場やプロの技術を間近で見ることができる

生徒の年齢層は20代後半から40代といった感じで、大人の落ち着いたスクールといった雰囲気。当日は授業の様子を10分ほど見学した後、個室で学院長自らがスクールの説明をしてくれました。

ネイリストには、サロンで働く以外にもセルフネイラーやホームネイラーなど様々な活躍の場がありますが、資格がなくても就ける職だからか、独学やワークショップで何とかなると思っている人が多いそうです。でも、ベースもアートも「基礎があってこそ」であり、特にプロを目指すのであれば、然るべき時間をかけてきちんとスクールで基礎を習うのが最短の道。学院長の小沢先生は、とても気さくで話しやすい方でした。銀座で30年近く人気サロンを経営されている業界人としてのノウハウはもちろん、年々進化するネイル商品の最新情報にも敏感で、日々スタッフや生徒と意見交換を交わしているそうです。

基礎第一主義のポリシーにも共感しましたが、やはり料金設定に魅力的。プロフェッショナルコースの受講料が材料費込みで100万円を下回るのは、都内ではなかなか見つかりません。ジェルネイルやホームネイラー、検定対策など、全部で16つのコースが用意されているので、「ネイリスト」と一口でいっても、様々な目的の人たちと切磋琢磨しながら学ぶことができると思います。気になる方は、ぜひ一度、見学&体験に行かれることをおすすめします。

東京ネイル学院の
説明会をチェックする